二重まぶたになれる整形術【理想を叶えるクリニック】

微笑

理想の目元を自分のものに

目を触る女性

様々な手術方法

整形手術の中でもまぶたを二重にする手術はかなりメジャーなものであると言えるでしょう。日本人のまぶたは生まれた時は一重まぶたの人は統計データでも多く存在していると言われていますが、街を歩く人もパッチリとした二重まぶたの人が多いものです。ドラッグストアなどでも簡単にまぶたを二重にするグッズがたくさん販売されていますし、つけまつ毛やまつ毛エクステを使用してまつ毛の力で一重まぶたを持ち上げて二重にすることができる人もいます。一重まぶたでも人それぞれ形が違うので、メイクの仕方によっては自分で二重が作れる場合もあるのです。整形で手術をする場合も、それぞれのまぶたの形に合った手術方法があります。グルーで貼りつけたりまつ毛の力で持ち上げて二重を作っている人は埋没法という方法を取ると、違和感なく自然な仕上がりを得ることができるでしょう。普段のメイクで作っている状態に固定されるように糸で留めるといったイメージになります。埋没法では物足りないという人もいるでしょう。日本人は目頭に蒙古襞がある人がとても多く、この蒙古襞の形によっては自力での二重にすることも難しい場合もあります。この場合は目頭切開などと呼ばれる蒙古襞を取り除く手術を併せて行うとよりパッチリとした目元に近づけることができるのです。埋没法のような比較的ナチュラルな仕上がりではなく、欧米系の人のような幅の広い二重まぶたにしたいという方は切開法が向いています。切開法はまぶたに二重のための折り目ができるように手術するため埋没法と比べるとダウンタイムは長めになります。

美しさを維持するために

整形の手術を受けた後はどんな手術でも腫れが引くまではメイクをしないということや目元をあまり触らないように気をつけるということは基本となります。最初は目元に違和感があってついつい触ってしまいたくなるものですが、そこはきちんと我慢しましょう。慣れれば違和感も気にならなくなってくるものです。埋没法の場合は糸で留めているため目をこすってしまうと糸が外れてしまうこともあります。安価で受けられる整形ではありますが丁寧に扱うようにしましょう。年月を経て糸が取れることもあるので、取れたと気づいた時は早めにクリニックを受診しましょう。手術後にすぐ取れてしまった場合はクリニックによっては再手術を保証しているところもあるので調べてみましょう。まぶたの形によっては取れやすい人や取れにくい人もいるのです。目頭切開やまぶたの切開法の場合は目をこすったら元に戻ってしまうということはありませんが、せっかく理想の目元を手にいれたのですがから、やはり丁寧に大切に扱っていきたいものです。人の顔は年齢とともに変化してきます。美しさを維持するには、美意識を高く持ち容姿の変化に対して柔軟に対応できるようにしておきましょう。日本人は一重まぶたが多いとは言え、目元がコンプレックスになっている人は少なくないものです。途中で二重にする人は珍しくないので、見た目に悩んでいる方は二重の整形について検討してみると良いでしょう。二重まぶたにすることで見た目だけでなく内面からも輝きましょう。