二重まぶたになれる整形術【理想を叶えるクリニック】

微笑

まぶたがすっきり

目元

切らなくて良い

まぶたが腫れぼったい人は多いです。それが、コンプレックスになっている人もかなりの数でしょう。一重や奥二重の人は、すっきりとしたまぶたに憧れているのではないでしょうか。まぶたが腫れぼったいと、目が小さく見えてしまうこともあって、整形を本気で考えている人も少なくありません。二重整形は、いくつも方法があります。一つは切開法です。その名の通り、メスを使って、まぶたの余分な脂肪や皮膚を切除してしまいます。傷跡が残ると思われるかもしれませんが、二重の線に沿って縫い合わせるので、とても自然な仕上がりになります。だから、傷跡のことを心配しなくて済みます。最近は、埋没法がとても人気です。こちらは、切除しません。糸を使って二重を作り上げます。メスを使わなくても十分まぶたがすっきりとします。そして、目が大きくなったように感じるでしょう。埋没法ができたおかげで、整形がしやすくなったと思う人が多くなりました。ダウンタイムという腫れが引く時間を見ても埋没法のほうが少なくて済みます。切開してしまうとある程度の期間は腫れてしまうので、長期の休みを探して手術に踏み切っている人が大半です。また、切開法の場合は部分的に切開する方法もあります。まぶたの全体を切開する方法ももちろんありますが、目頭だけ、目尻だけと言うように一部だけ切開することもできます。より自分の希望に沿った目を作り上げることができるでしょう。手術時間も決して長くはありません。日帰り手術できるでしょうから、忙しい人も手術できるでしょう。

気をつけることがある

とても整形が身近になった原因と言われる埋没法ですが、気をつけてほしいことがあります。糸を使って二重にするのですが、ここで使われている糸はとても細いです。髪の毛よりも細い糸を使っています。もちろん、丈夫に作られてはいるのですが、まったく切れる心配がないわけではありません。まぶたを強くこすった場合は、糸が切れてしまうこともあります。糸が切れてしまうと、元のまぶたに戻ってしまうので気をつけて普段の生活を送りましょう。花粉症などで、強い目のかゆみを感じるのなら、かゆみを抑える治療を行うなどしておいたほうが良いです。どうしても強いかゆみは我慢できなくて強くかいてしまうのでそうならないようにしたほうが良いです。切開法であれば、強く目をこすっても元に戻ることはありません。余分な皮膚などを切除しているからです。絶対に元の状態に戻したくない人にとっては、切開法のほうがいいのかもしれません。埋没法で二重になれるわけですが、あまりにもまぶたが分厚い人の場合は、思うような効果が得られないこともまれにあります。このような場合は、切開法にしたほうがいいでしょう。切開法なら、余分な部分を切除しますので、確実に二重を作ることができるからです。自分のまぶたの状態によって切開法と埋没法のどちらが向いているのかはわかれます。また、元に戻したいかどうかによってもどちらの方法にするかが決まります。やってみたいと思ったら、無料カウンセリングを利用して、医師と良く相談したほうがよさそうです。