二重まぶたになれる整形術【理想を叶えるクリニック】

微笑

一重を変えたいなら

瞳

パッチリ目になる施術

二重になりたいのなら自分で二重アイテムで目元を作るか、整形をする方法が一般的です。整形の種類の中でも昔から人気であるのと、比較的簡単な手術なので失敗しづらいメリットがあります。しかし、仕上がりの出来栄えには差があるので、信頼出来るクリニックで行うようにしましょう。自分好みの二重になるように手術の前にイメージをちゃんと伝えたり、説明を受けるようにしてください。全体の顔のバランスもあるので、しっかりとカウンセリングをして話し合いましょう。埋没法はメスを使わない短時間の施術ですから、その日のうちに帰れるので人気があります。費用も安く出来る場合が多いですが、あまり価格だけで選んだ所だと糸が取れたりイメージと違う仕上がりになる事もあります。そのような事が無いように、技術力が高くてセンスが良いクリニックを選ぶようにするのが大切です。また、アフターケアがあるかなどのチェックも大事なポイントです。手軽な埋没法では無く切開法で行う場合でも、部分的や全部など二重整形には種類があります。また、目を大きく見せる施術では、目の高さを広げたり目の間を狭くする事も出来ます。優しい目元に見えるように目尻を下がり目にする事や、涙袋を作って眼球を大きく見せるなどもあります。整形クリニックには患者の希望に合わせた施術法を提案し、術後の仕上がりの相違が無いように考えてくれる所は沢山あります。自分のなりたい目やイメージ、どのようにしたいのかをきちんと伝えるようにする事が大事です。

目元のケアを工夫する

二重の整形を迷ってるのなら、まずは毎日の目元ケアしてみましょう。一重などの違いは元々の皮の癖の他にも、瞼の脂肪やむくみが原因になっている場合があります。一般的に一重瞼は腫れぼったい事で皮に折り目が付かない為、過剰な水分摂取に気をつけたりマッサージをしてむくみ対策をしてみましょう。マッサージをするのは瞼だけでは無く、目の周りも一緒にするようにしましょう。眉毛の位置から頬の部分まで広範囲をケアする事で血液の循環が良くなって代謝がアップします。疲れ目対策にもなるので毎日行うようにすると良いです。一重では無く三重などの瞼の皮が余っているような状態も、マッサージにより綺麗な二重を目指す事が出来ます。瞼の脂肪が邪魔をしている場合でも、加齢によって脂肪が落ちて自然に二重になるケースもあります。個人差はありますが、加齢で脂肪が減るのと同じように、マッサージで瞼の脂肪を痩せさせる事の出来る体質の人もいます。毎日行うケアには瞼の皮に癖付けをする方法もあります。アイテープなど肌に負担が無いテープを二重になるように貼ります。すぐに癖が付く事は無いですが、ゆっくりと安全に出来る方法です。目の開け方でも瞼の癖付けが出来ます。瞼にシワが出来て二重に見えるような角度で開けるように気をつけてみましょう。ただし、これらの目元ケアは整形に比べると効果が薄く、即効性もありません。すぐに二重になりたい、確実に二重になりたいと思う方は美容整形を利用すると良いでしょう。